星空のコンサート2006年度レポート


2006年8月26日会場のすきっぷ広場は、いつもの暑さで始まりました。
設営、音響や照明の仕込み、模擬店、ピアノ搬入と着々と準備が進み、出演者は次々と到着。リハーサルも順調。早くから来場されて、席を確保するお客様達を見て、8回目ともなると、星コンファンが定着して来て下さっている事を実感しました。 開演直前には、ほぼいっぱいのお客様!!半年以上かけて準備した本番に、毎年の事ですが興奮します。順調にプログラムは進み、最後のピアノソロ・・まさにクライマックスの瞬間、突然の雨・・・・星コン始まって以来の本番中の通り雨に、ビックリし、焦りましたが、ピアニストは演奏を続け、お客様もそんな姿に感動し、演奏が終わると会場は、大きな暖かい拍手に包まれました。そんな思い出深い第8回の星コン当日レポート、どうぞご覧下さい。



2006年度ポスター

2006年度プログラム
1.ハッピーハーモニー 都筑区在住の幼稚園〜中一までのミュージックベルグループ。昨年、コンクールで小学校部門、日本一に選ばれました。
2.アンサンブル☆エトワール ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノの女性トリオグループ。普段はそれぞれプロの演奏家として活躍中。横浜市交通局主催、ほのぼの駅コンからの推薦枠(本年度より新設。
3.小松崎 恭子
 (ピアノ伴奏:横手梓)
桐朋学園を卒業したばかりの、将来期待の若手フルーティスト。
4.笹森壮太
 (リトルスター)
青葉区在住。チェロの演奏家を目指す、桐朋高校3年生。
5.しゅうさえこ
 (ピアノ伴奏:内田ゆう子)
東京芸大声楽科卒。NHK「おかあさんといっしょ」第14代うたのおねえさん。現在は歌手として全国的に活躍中。
6.神谷香苗 都筑区在住のピアニスト。区役所主催の「ロビーコンサート」や、ドイツ学園でのコンサートにも出演。
7.フィナーレ 会場の皆様と一緒に「見上げてごらん夜の星を」



第8回を迎えた星コン
今年の司会者は財前 浩子さんです。

都筑区の夏の名物行事となり、リピーターのお客様も多く、会場のすきっぷ広場は、1200名ほどのお客様でいっぱいになりました。

プログラム1 ミュージックベル
<ハッピーハーモニー> 

曲目: ドレミのうた、ディズニーメドレー、剣の舞、翼をください
*この日の為に、お揃いの純白ドレスを新調。一人何本ものトーンチャイムを持ち替えながらの演奏は、一生懸命練習したことを感じさせる見事なものでした。 メンバーは皆ピアノ教室に通っているとの事、この中からいつか星コンのソロ出演者が出るかもしれません。

プログラム2 弦楽アンサンブルトリオ
<アンサンブル☆エトワール>
 
曲目:「スカラムーシュ」より「ブラジレイラ」、オペラ「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」、くるみ割り人形メドレー、「8つの小品」より「VII」
*ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノの女性3名の、華やかで優雅なピアノトリオ。スケートの荒川静香で話題になった曲や、花のワルツなど、親しみのある曲に加え、最後に本格的なクラシックの小品で、観衆を魅了しました。

プログラム3 フルートソロ
<小松崎恭子、伴奏:横手梓>

曲目:愛の挨拶、アヴェ・ヴェルム・コルプス、カルメンファンタジー
*超絶技巧が必要不可欠の難曲を流れるように演奏される姿に、これからの限りない可能性を感じさせてくれました。アンケートでも「フルートの演奏は素晴らしかった」の声を多数頂きました。

プログラム4 チェロソロ
<笹森壮大、伴奏:見崎清美>

曲目:アダージオとアレグロ
*今年のリトルスター(近隣在住で、プロの演奏家を目指す学生を紹介)の出演は、高校3年生の笹森クンでした。あどけない少年の顔は、ステージに上がり、チェロの演奏が始まった途端、一変し、真剣でひた向きな表情はプロの演奏家そのもの!!チェロ特有の甘く美しい旋律を、正確に、心を込めて奏でる笹森クンにたまらない魅力を感じました。近い将来がとても楽しみです。

プログラム5 ソプラノソロ
<しゅうさえこ 伴奏:内田ゆう子>

曲目:星に願いを、うみ、きっとしあわせ、You Raese Me Up、あしたもいいことあるように
*区内在住で、実力も人気も一流の、しゅうさんの星コン出演が実現しました。お客様とステージの垣根をなくしてしまう優しいトークと、語りかけるような明るく澄んだ歌声は、「さすが」の一言でした。横浜開港150周年プレイベントに因み、「うみ」を歌ってくださいました。

プログラム6 ピアノソロ
<神谷香苗>

曲目:乙女の祈り、フーガト短調、カヴァレリアルスティカーナ、リベルタンゴ
*2曲目が始まって、お客様もうっとりと聴き惚れていたその時!?なんと、突然の雨!それでも演奏が止まることはありませんでした。見かねたスタッフが、シートを持ってかけ寄り、こんな状況になってしまいました。リベルタンゴを弾き終えた神谷さんには、このアクシデントにも帰ることなく、見守ってくださったたくさんのお客様から大きな暖かい拍手があり、一同、感動のひと時でした。
ピアノの神谷さん、こんなにチャーミングな方です。

プログラム7 フィナーレ
曲目:見上げてごらん夜の星を
*本日の出演者全員が、再びステージに揃い、星コンテーマソングであるこの曲を、会場の皆様と共に歌い、ハッピーハーモニーの子供たちが、手話も披露してくれました。雨にもかかわらず、最後までご鑑賞くださった、たくさんのお客様、本当にありがとうございました。

打ち上げ会場にて 
*星コンの運営スタッフ一同です。都筑区内で、音楽活動をしている先生方、主催の都筑クラブや、支える会のメンバー、当日のお手伝いスタッフ、みんないい笑顔です。星コンの運営は、この無償で楽しみながら動いてくれる素敵なスタッフと、音響、照明などにかかる経費など、資金面を応援して下さる「星コンを支える会」の会員、地元の協賛企業、公共の後援などのご支援の下、回を重ねてきました。「星コンを支える会」は、年会費1000円で、随時会員を募集していますので、ご興味のある方、詳細は、都筑クラブ事務局にお問い合わせ下さい。